-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-10-31 19:31 | カテゴリ:SD 百式
こんばんわ。ただいま風邪でダウンしてます。

自己管理の甘さですね。ちょっと羽目を外しすぎました。

今月最後の更新となります。SD百式の現状報告を・・・

SD19 001

↑サフ画像
ブログにアップされてる皆さんって、パーツを組んだままサフ吹きしてるのでしょうか?私は全パーツばらして、持ち手を付けてサフ吹いて、乾燥してからまた組んで・・・。結構な面倒でしたが、大した写真も撮れずなんだかなぁ・・・。

パーツを組んだまま塗装すると、パーツに負荷が掛かった状態で塗料が侵食してくるので、破損しやすくなるというのをどこかのサイトで見て(私自身の経験でもありますが・・・)なるべくバラした状態が良いと思ってるのですが。

しかしながら、今回このサフ画をとった後再び塗装に入るべくばらそうとしたら、二箇所ほど破損しました(泣)そんなに厚塗りしたわけでもなかったのにショック・・・。

まぁ、もう10月も終わりなので焦らず、気を取り直して行きたいと思います。あとは塗装だけですから、たぶん(笑)

SD19 004
↑バックパックの動力パイプ
ピンボケですみません。Gジェネ百式の動力パイプをライターであぶって少し曲げました。胸部には接続されませんが、雰囲気は出てるかと。

SD19 005
↑現在塗装中
今日はフレーム・関節部のグレーと胸部・腰部・バックパックのブルーを塗りました。色々考えましたが、百式といえば金色のボディなので、設定通りのブルーだといまいちおもちゃっぽさが抜けないので、赤に近い色に変更しようかと思ってますが。・・・どうだろ、それも微妙かな。


↓次MS予告
SD19 007
手書きでも少しは雰囲気出てきましたかね(笑)

何度か伏線的な()写真等も上げてましたが、次は『SD キュベレイ(ハマーン様専用機)』でお送りしたいと思います。

もう色々なモデラーさん方がSDを完成させていらっしゃるので、参考にさせていただきます。ただ、百式のサイズに合わせて作るとなると、真似しただけでは結構な支障がありそうな予感・・・。

11月からは2体同時進行で行きます。


でわ、また。
スポンサーサイト
2013-10-27 21:03 | カテゴリ:SD 百式
こんばんわ。今週は台風の影響で雨の日が続きましたね。

昨日は友人の結婚式で盛り上がって、今日の朝まで飲んでました(笑)

というわけで(?)あまり進んでませんが・・・(汗)

SD18 006

↑正面

SD17 005

↑背面

今週は表面処理に専念!ということで、とにかく磨くというより、まだまだ荒削りの状態ですが全体像を公開してみます。

腰部の前後のアーマーを少しいじってます。写真を撮り忘れましたが、フロントアーマーの短縮・ふんどし部をプラ板とパテで一回り大きくしてます。リアアーマーもプラ板を張って幅増し。

全体的に灰色の部分がありますが、これは今回改修を加えた部分に溶きパテを塗りたぐった跡です。600番でペーパーがけしてみましたが、結構キズやら凹みやらが残ってたことが分かりますね。

というか、これでもまだ見落としてるキズなんかもあるのでしょう。サーフェイサーを吹いて色を均一な灰色にしてみるとよく分かるのかなと。

先週の更新ではサフ後の写真も公開!なんて書きましたが、また次回で・・・(汗)

SD17 002

↑バインダーの後ハメ加工の図。
バックパックに関して全く手を加えてなかったので、いまさらですが。。。

それと写真にはありませんが、バックパックから胸部に接続されるパイプですが、以前考えてた市販のモビルパイプでは無く、Gジェネ百式のパイプを加工して取り付けることにしました。設定とは異なりますが頭部との干渉を避けるため、バックパックで自己処理するような形にしてます。次回は写真撮りますね。

↓おまけ
SD18 026

↑今回1/220百式とGジェネ百式のミキシング(笑)脚フレームの検討で片足だけバラした残りがあまってしまったのでもう一体作ってみました。これでHGUCキットの頭部も使ったので、あとは武器類だけがジャンク行きですね。無駄にメガバズーカランチャーとか余ってしまったのですが。。。

↓おまけ2
SD17 014

↑カトキ立ち風の煽りショット。
どんなMSもかっこよく見えてしまうという魔法のアングル(笑)

今月中の完成を目標にしてましたが、いよいよ塗装に入るとなるとお天気次第というのがなかなか歯がゆいですね。

とりあえず、次の更新は10/31に。途中でもupします。出来れば次回製作予定のMS案とともに。。。


でわ、また。
2013-10-20 20:12 | カテゴリ:SD 百式
こんばんわ。

今日は、前回やってしまった接着剤の件から・・・

SD16 003

↑結局2日ほど放置しましたが、硬化する気配も無かったので、ベトベトの接着剤の上からサーフェイサーを吹きました。とにかく表面を乾かしてしまえば、ペーパーがけでどうとでもなると考えたからです。

さらに丸1日置いて、サフが乾燥したのでペーパーがけ・・・。と行きたかったのですが、やはりサフ下のベトベトはどうにもならなかったみたいで(当たり前か・・・)。

最終的にお湯で濡らした布でパーツをすべて拭きました。たぶん始めからこうすればよかったのだと思います。

とにかく今までいじったパーツがおじゃんにならなくて幸いでした。

SD16 005

↑現状の写真

昨日今日は、表面処理等を進めていましたが、かなり粗い改造だったため苦労しました。やはり計画の段階で理想の形状というものをイメージしきれていなかったため、未だに「もっとこうしたい」とか気になる部分が多々ありまして。。。エポパテやプラ板で修正しているところです。

こうゆう細かいところの修正って、写真撮ってブログにあげても分かりづらいので、次の更新ではサフ前最後の写真とサフ後の写真を並べたいと思います。

でわ、また。
2013-10-14 19:21 | カテゴリ:SD 百式
こんばんわ。今日はいろいろありまして・・・。とりあえず、進行報告を。

SD15 007

↑百式頭部を進めてみました。といっても、他の部分と同時進行で小型化を図っていたのでたいしたことはしてません。そのおかげ(?)で何ミリ削ったとかは分かりません(汗)が、一応形状出しは最後ということで。

SD15 013

↑その他、昨日の腕部に続き、肩のほうを。こちらは1.2ミリプラ板で前後の幅増しと、ダクト部分にエバグリのプラ板をはめ込み、それらしく。。。ついでに頭部にも入れてみました。塗装後にバルカンチックな何かを仕込みたいと思います。


さて、今日は朝からプラモいじりが出来たのですが、とんだハプニングでテンションが下がりまくりでした。。。というのも・・・
SD15 005

↑こちら先日入手したエポキシ樹脂接着剤。使い方もよく調べず、やってしまいました。いや、私が悪いんです。

SD15 002

↑度重なる切り貼り改造の結果、各パーツは傷や接着剤汚れ、強度の低下等の不安要素に蝕まれていたわけですが、これらを払拭すべく上の接着剤を導入。意外と粘性が低く、傷以外のモールド等にも流れ込んでしまいました。

いや、ここまでならまだ良かった。表面処理の段階でモールド等のディテールを施して行くつもりでしたので。

問題は、この接着剤の硬化時間。今の季節なら、50分ほどで硬化し始め、約10時間でヤスリがけ等が出来るようになると・・・。『え、10時間!?』って感じでしたよ。いや、私が悪いんですけどね。

まぁ、待つわけ無いですよね。硬化スピードアップのために色々試しました。瞬間接着剤を混ぜてみたり(白い煙が出たので、たぶん危険です!真似しないでください。)湯せんにかけたり、ドライヤーで暖めてみたり(コチラもパーツの変形、破損等の危険がありますので、真似しないで下さい。)

どれもダメでした。しかもパーツや手がベトベト、余計にひどくなってるし、全然落ちないんです。硬化待ちの間、他のプラモに触れることも出来ず、半日格闘してました。ちなみに10時間たっても硬化はしませんでした。

SD15 003

↑で、今の状況。ベトベトの上から、再びやり直し。一応反省を生かして、各パーツに持ち手を付けて、接着剤は筆で塗りました。とりあえず一晩は安静にして様子を見ます。

硬化しなかった原因は、主剤と硬化剤の撹拌不足か、そもそも硬化剤が少なかったのか、古い製品(現在絶版)なので劣化していたのか・・・。色々やってしまった後なので原因は分かりませんが。たぶん、私が悪(ry。

今日の教訓は『急がば回れ』ということで。

とにかく、接着剤が硬化したら表面処理等を進めて、来週には塗装に入りたいな、と思ってます。

でわ、また。
2013-10-13 23:06 | カテゴリ:SD 百式
こんばんわ。今日は百式の腕部の製作を進めてみました。

SD14 010

↑HGUCの腕をそのまま使うとさすがに長すぎるので、上腕部をさくっとカットしてみました。長さで言えば5ミリ程度。フレームの再接続には、強度増しのため真鍮線を仕込んでます。

前腕部も短縮しようかとも思いましたが長さは変えてません。関節を維持したままカットするのが面倒だから・・・ってわけではないです(笑)今回は脚部も長めなので、全体のバランスを見てあえてそうしてます。

SD14 005

↑良い感じですよね?
ただ、前腕部の非力な感じというか、やはり細いと長く感じてしまうもの。なのでちゃっちぃパイプを市販のモビルパイプに変更します。

SD14 004

↑前回も書いたかも知れませんが、よく行くおもちゃ屋さんがセール中・・・なので二つ購入。
けど片腕に2粒×2の4粒しか使わないという(汗)まぁ、バックパックのパイプもどうしようかと考えてたので、これで足りれば使いたいと思います。

SD14 001

↑ちなみにマニュピレータに使用したのは同メーカーの『極め手 1/144 角』。MGみたいに関節が多く、手の表情も多様に付けられるとの事。ただ、HGUC百式の接続部はボールジョイントではないため、PCを少し加工して接続しました。

明日も仕事が休みなので、そろそろ改造のほうはラストスパートと行きたいところですね。

でわ、また。
2013-10-06 00:15 | カテゴリ:SD 百式
こんばんわ。今日は脚部の製作を進めてみました。

SD13 002

↑アンクルアーマー(?)のかかと部分が可動の妨げになっていたので、半分に切り落とし・・・

SD13 001
↑いい感じになりました!
ソールをかなり削り込んでいたので、足首の特に前後の可動が死んでいましたが(写真左)、右のようにつま先を伸ばすことも可能に(^^)v

そして、今回一番頭を悩ませていたのが脚アーマー類。
SD13 004
↑とりあえずぶった切りました。ヒザアーマーは半分くらいにしてデフォルメ感を演出(?)

フレームへの固定は・・・
SD13 012
↑内部フレームに切り込みを入れて、プラ板を差し込む形。

SD13 014
↑ピンバイスで穴を開け、プラ棒を差し込む形。
今回はこの2パターンで行きます。ただし、精度は・・・(汗)。せっかくなら、取り外し可能に!とも思いましたが、塗装後に接着してしまうつもりなので、ディテールは無視してしまいました。今の私にはこれが精一杯。

SD13 016
↑正面から。フロントアーマー少し短縮したいですね。

SD13 018
↑斜め後ろから。誰かが言ってたのですが、「百式のかっこよさは画像では伝わらない」・・・と。うーん、私もその言葉に同感ですね。この、ごちゃごちゃって感じがたまらなくイイ!早く完成させたくなりました。


おまけ・・・
SD13 007
近所のおもちゃ屋さんがリニューアルオープンするので、改装前のセールをしていました。先週は30%オフでしたが、今日行ったら40%オフ!!いやー買いすぎた(笑)

でも、アルテコのエポキシ接着剤とか、エバグリのプラ板とか結構よさげな品が売れ残っていたので良かった。
あ、SDキュベレイは帰りに寄ったスーパーに置いてあったものです。もう即買い。ネタバレというか百式の次はキュベレイかゼータだと思っていたので、まぁ、たぶん・・・ねぇ?

次の更新までには、頭部か腕部を進めたいと思います。

でわ、また。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。